鳥の詩


庭にあるロウ梅の木の枝に、父がみかんを刺していた。そこに、山から下りてきた小鳥たちがついばみに来ている。

去年の冬は、鳥インフルエンザの影響だろう、鳥たちの姿が見当たらなかった。今年はそんなことも無いみたい。

ヒヨドリは、大きな身体に似合わず、案外慎重だ。近くの枝に止まって、安全かどうか、しばらく様子を見ている。人が来ようものなら、すぐに飛んでいってしまう。

逆に、メジロなどは大胆なものだ。2、3メートルくらいの距離なら、ニンゲンなどお構いなく、みかんを一所懸命つついている。

ジョウビタキのジョー君(?)も元気そうだ。今度はいきおい余って、僕の仕事場のガラス窓に激突して、気を失わないように。

「鳥の詩」は杉田かおるのヒット曲。おめでとう(^_-)


2 thoughts on “鳥の詩”

  1. 妹さんが?!?杉田かおるの「歌」?!?!?
    いったい、何の歌か、ものすごーーく、気になります。あ、やっぱり?気にするまでもなかったか。
    いや、そのデータをどこでインプットされたのか。謎は深まっていく。

コメントを残す