粘土による造形・・・ろくろに関する考察


物を作る上において、様々な材料が存在する。その中で、粘土というものは、一口に粘土と言っても実に多種多様であり、可塑性に優れ容易に成形しやすく、焼成後は安定なため、古今東西で利用されてきた。

では、粘土を用いた造形では、果たしてどういったものが「粘土らしい、粘土ならではの」と言えるのだろうか。


粘土による造形では、たたら作りやひも作りなど、ろくろを用いない技法も多数存在する。それらはろくろとは違った魅力を持つが、例えばオブジェ作品などを鑑賞する時、僕は、果たしてこの作品を粘土で作る必然性があったのだろうか、という疑問を持つことが多い気がする。作品を作る時、特にオブジェ作品の様な主観性の濃いものは、まずテーマありき、で材料は目的に応じて使うべき、だと思う。粘土でオブジェを作るならば、それが粘土での造形である必然性がいるだろう。たまたま、普段粘土を使い馴れているから、粘土で作る、のでは訴求性に欠ける。粘土で作るならば、その特性を生かしたものでなければならない。

僕がオブジェに興味があっても、なかなか作らない理由の一つである。

ろくろとは、回転する力を利用し、その遠心力で粘土を円形に成形する技術である。ろくろの発明によって、生産性が飛躍的に向上したのは、間違いなく、素早く大量に器を作り出すことを、可能にした。そもそもが、大量生産を目的とした道具・技術であった。

しかしまた、その単純な回転運動を利用した造形は、美しい形も生み出す。一息の呼吸と回転のリズムが一致した時、そこに作者の指先または代わりとなる道具によって、奇跡のラインが出現する。

それは、粘土と、ろくろという道具によってのみ、生み出されるものである。ろくろを使う業種はほかにあるけれども、材料を遠心力で外に向かって引き延ばしていくものは焼き物だけである。

僕がシンプルな食器作りに夢中になる、最大の理由である。

・・・と、まあなんだかムツカシイことを書いているみたいですが、良いものを作りたい、という願望と現実の生活というものは、なかなかうまくバランスを取るの大変だ~^_^;

で、ひと息こうやって文章にして考えをまとめてみるのです。俺は間違っているのか?

実際、仕事をしている最中は、ナーンにも考えていないものなのです。鼻歌歌ったりして(^^ゞ時にはため息ついたりして。ホントに集中している時は、頭の中が真っ白になる。時間の感覚もなくなる。

まだまだ暗中模索の日々です(笑)


コメントを残す