ホメオパシー日記7


12日に、K先生のQXを受ける。

QX-SCIO:クォンタムゼイロイド意識インターフェイス

ホメオパシー理論を応用した、最新鋭のエネルギー測定・修正装置クォンタム(Quantum)の意味は量子です。ゼイロイド(Xrroid)は開発者の造語で、生体のイオン反応スピードに相応した高速測定システムに対し命名した名前です。(具体的には12のチャンネルにおいて、1/100秒の変化を1/1000秒単位で測定し解析します。)Consciousnessは意識、Interfaceは相互接続を意味します。すなわち、3進法プログラムにより、人間の意識のより深部、潜在意識にコンピュータをリンクさせると同時に、9000以上の物質・ホメオパシーレメディー等の情報に対する微弱エネルギーの反応を高速で測定し、さらにエネルギーの流れを修正するために開発されたものです(電気抵抗だけを測定する従来の波動機器とは全く異なり、QX-SCIOは3次元的な電気的反応をみる、これまでにないシステムとなっています。)QX-SCIOはホメオパシー療法の要である適切なレメディーの選択もサポートします。

 

生年月日より、中国占星術による性格診断も出来るらしい。
頭部、手首、足首になにやら電極のあるらしいバンドを装着。
前もって調査票を提出し、それに基づいていろいろな質問を受ける。

先生はパソコンの画面を眺めながら、現在の状態を精神面/体調面共に指摘される。
なるほど。確かに、大枠では当たっていると思う。
全てではないが。
例えば、虫歯があるような解析が出ているらしいが、現在虫歯は無い。
二十歳の頃に、奥歯の一本を治療したっきりで、ここ最近は3年おきくらいで歯石を取るけど、その時も何の異常も言われたことはない。
ただ、何せ20年前の治療であり、詰め物の材質は不明だ。
ものの本に拠ると、口中の金属物質がいろいろと悪影響があることがあるらしい。
ちなみに治療したのは、岡山大学歯学部病院。

特に指摘されたのは、これまでに受けた麻酔の影響。
母の胎内にいる時に、母が虫垂炎の手術をしており、その時の局所麻酔。
小学校の時の中耳炎に手術の際の、全身麻酔。
7年前の指のけがの時の手術の、全身麻酔。
これらの毒出しを勧められる。

エネルギーは十分にあるのだけど、それが出し切れていない状態らしい。
精神的なストレス、というのも自己診断と一致。
精神の解放が必要、と。

23日、新しく処方されたレメディーが届く。

<メイン>
φサポートCho
+Lac-f(ラックフェレン猫の乳)
+pall 200c(パラジウム)
+pall 10M
+Ana-c-HD(麻酔の毒出しレメディミックス)

<朝>
月曜
起きた時psor 10M×1(プソリヌム、ソリヌム、ソライナム、疥癬、ダニ )
朝食前 Mag-p12x ×1

<夜>
金曜
寝る前 Med-a/Syph 10M×1
食前 Nat-p 12x ×1

これまで取っていた「かんじん秘蔵セット」は継続し、「ミネラルセット」は疲れた時や元気が無い時に摂ることにする。


6 thoughts on “ホメオパシー日記7”

  1. クォンタムゼイロイド意識インターフェイスの具体的算式を教えてください。
    10msの挙動を1msでサンプリングする事は分りました。それ以降の数式が不明です。
    測定するオーダーは何ですか?

  2. この記事のソースを教えて下さい。ただの宣伝ですか?『開発者のほうへ、どうぞ』とありますが開発者は誰ですか?出来れば連絡先を教えて下さい。

  3. >パルロさん
    記事はこちらです。
    http://www.homoeopathy.co.jp/event/news_001_4.html

    「qx  ホメオパシー」とググった結果ですので、ご自身でも出来るかと思います。
    また、過去記事等も参考にしていただければ、僕が開発者ではないことはすぐに分かると思います。
    同様に、開発者が誰であるか、連絡先等もご自身でお調べになってください。

    コメントいただいたついでに、お調べになった結果をこちらでご報告いただくとありがたいですね(^_-)

    (コメントいただくのはご自由ですし、よっぽどのことが無い限り承認いたしますが、最低限の常識を持ってコメントください)

  4. ホームページではインチキや詐欺紛いの記事でも薬事法などの広告違反には抵触はしないので安心してください。要するに記事の内容を理解の出来ないままに転載したと言う事ですね?
     この記事をTVとか新聞に掲載する勇気はおありでしょうか。即、間違い無く起訴されるでしょう。

  5. >パルロさん
    TVとか新聞にこういうブログがありますよ、とおっしゃられたいのなら、ご自由にどうぞ。
    まあ、おそらく無視されるとは思いますが。
    引用先を記載していなかったことが、不親切であったことは認めます。
    しかしそれであったとしても、一連のホメオパシーに関する記事(ナンバーがわざわざ付けてあるのですから、お分かりですね?)から、この記事がホメオパシーおよびQXの宣伝ではないことは普通の方にはお分かりいただけるかと思います。
    それよりも、このように脅しまがいのコメントをされる責任に付いても、お考えくださいね。
    少なくとも素性を明かすように。

コメントを残す