血液型


先日、ゴールデンタイムのテレビで「血液型別性格」何ちゃらという、2時間特番があっていた。

僕は昔はよく「典型的なO型」と言われていた。ところが、歳をとるにつれ、O型と言われることは減ってきた。「人間の幅が広がってきたせいだ」と、何でも都合のいいように考えるO型だが、なぜかAB型と言われることが増えてきた。なぜ?

血液型で、おおざっぱな性向はわかる、と思う。かなりの確率で当てることも、出来る。しかし、やはり後天的な部分も人にはあるし、A型なら、A型の要素が強い、ということであって、その人の中にはB型の要素も、AB型O型の要素も含まれる。だから、あんまり決めつけるのもどうかな?と思う。

その番組で気になったのは、その「決めつけ」が鼻に付いた点だ。番組として成り立たせるために、必要なのかもしれないが、バラエティとはいえ、いかがなものだろう。

・・・でも、AB型の人にはよく泣かされたな(^_^;)


コメントを残す