名作2本~短い傑作&巨費をつぎ込んだ大河ドラマ~


ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

いい!とても、いい!

物語のはじめは、なんだかお調子者の青年の話?と思いきや、最後は悲しいけど爽やかに、涙を誘う傑作です。

ロベルト・ベニーニいいですねえ。現代のチャップリンと言われるのもうなずける。

ニュー・シネマ・パラダイス」のように前置きが長い(笑)こともなく、どちらかと言うとコンパクトにまとめられていて、脚本の素晴らしさが際立ってます。

アカデミー賞3部門獲得も納得。

ベニーニ監督作品「ピノッキオ」も観てみたい。


風と共に去りぬ

風と共に去りぬ

困った。

困った困った。実に、困った。

映画史上に残る傑作、である。

アカデミー賞9部門獲得、である。

制作費は当時600万ドル、である。

「自己チュー女のドタバタ人生劇場」と言ってはいけないのである。

ま、そういう観方のほうが野暮というものか。

もっとも、ビビアン・リーとクラーク・ゲイブルの魅力満載、というのが正しい鑑賞の仕方なんだろうな。

とはいえ、中盤でのスカーレットの女性ならではの強さを発揮するあたりは、いい感じ?奇麗ごとを言ってられない状況での、逞しさ。

ちなみに原作は読んでおりません。

とにかく、ラストシーンの、スカーレットの台詞を間抜けに感じたのは僕だけだろうか?

時代性、というやつ?

ついでに、と言っては何ですが。

今日はロイヤルウェディングの日。

普段、宮家に特に思い入れもないのですが(^^ゞ、まあ、おめでたいお話は大歓迎、ということで。

サーヤ(僕の妹と同い年ですし、ヒーロー&ヒロインがルパン&クラリスということで、勝手にお許しを頂いて親しみを込めて)も、これから庶民の生活が始まります。

あの方達は、僕らの想像つかない苦労もおありだったでしょう。しかし、別の大変さがこれからあることでしょう。

いいカップルだと思います。末永く、お幸せに。

あやかりたい。


コメントを残す