今日の一枚#11「Breathless/Camel」


ブレスレス

ブレスレス

キャメル

Jeff Beckに続いて今回は、僕が思春期の頃、音楽性(というほど大げさなものではないんですけどね、趣味なんで)、ギター共に多大な影響を受けたバンド、Camelです。

特に、ギタリストのAndrew Latimerは、とても他人とは思えません(^^ゞ

Camelのアルバムはどれも好きなので、一枚を選ぶというのはとても難しいのですが、おそらく一番聴いたであろうこのアルバムをご紹介します。


このアルバムを最初に聴いた時(確か中学3年生)、なんだかポップだなあ、10ccみたい、と思ったものです。

あ、別に10ccが嫌いな訳じゃないですよ。むしろ好きなバンドの一つです。

ただ、Camelのイメージとして幻想的な、どこかクールな感じがあったのですが、このアルバムに関しては、どこか牧歌的な、英国の田園風景が浮かぶような感じなのです。

それは多分に、前作から参加しているベースのRichard Sinclairと、sax,fluteのMel Collinsの影響だと思われます。

Richard Sinclairは、Caravan、Hatfield&The Northのいった、いわゆる「カンタベリー・ロック」と言われる派閥(?)の人です。

このカンタベリー・ロック、不思議なことに、共通した色合いを醸し出していました。

Camel自体は、元々はカンタベリー・ロックではない、と僕は思っているのですが、Richardが関わっているアルバムに関しては、そんな雰囲気がプンプンしていますね、さすがに。

この人は、ジャズ色の濃いランニング・ベースがめちゃくちゃかっこ良く、また、ボーカルがいいんですよね~渋!

Mel Collinsは、King Crimson解散後、このCamelに参加という(笑)、何とも節操の無い、まあこの人は毎度のことなんですけど。

彼の参加によって、サウンドに幅が出来、多彩な色彩を加えることに成功しています。「The Sleeper」は、彼なくしてはあり得ないでしょう。

ちなみに、この時期のライブは演奏面で最も充実していた頃であり、ギター、ベース、サックスのソロ廻しは聴きごたえがあります。

そして、僕が最も影響を受けたギタリスト、Andrew Latimer。

この人の音色は、最高です。また、フレーズも“泣き”がたっぷりのもので、決して派手にテクニックを見せつけるタイプではありませんが、確かな技術の上で、素晴らしいギターを聴かせてくれます。

「Summer Lightning」は、LPではB面の一曲目。Andrewのボーカルで静かに幕を開け、後半のギターソロで一気に盛り上がりを見せる、名曲です。

このギターソロ、コピーしましたね~(^_-)彼の名演はいろいろあるのですが、このソロもその一つでしょう。

おそらく、完全なアドリブではなく、あらかじめ作曲されたものだと思われます。いや、ひょっとして違うかも。アドリブかな?彼なら、そうであっても不思議ではない。それくらい、曲のイメージとソロが、一体と化しています。

その他にも、「Echoes」「Breathless」「Down on The Farm」などなど、いい曲が満載です。ま、Camelの素晴らしさは、そのメロディにあるのですけどね。

僕にとって、ちょっとストレスが溜まった時など、このアルバムの優しさと切なさに包まれるのが、出会いから随分と経った今でも、無上の喜びです。


4 thoughts on “今日の一枚#11「Breathless/Camel」”

  1. 先日来 音楽聴けるのかと・・ あちこちクリックしてみたけど・・ 読むところ多すぎて・・挫折・・
    常々音楽には、不思議力を感じます。 気持ちを奮い立たせてくれたり 落ち着かせてくれたり・・ なぜか涙がでたり・・
    ともこーさんなんでもできるのねー
    ギター弾いてる姿想像つかないわー ろくろ回す姿は、想像つくけど。

  2. >ひまわりさん
    文章内のリンクは、音源に直接繋がっているわけではありませんので、あしからず(^^ゞ
    でも、オフィシャルサイトには視聴用のファイルがありますよ(^_-)そちらでお試しください。
    思春期の多感な頃、もっぱら音楽が心の支えでした。
    ホントに、音楽には不思議な力がありますよね。
    ろくろより、ギターの方がキャリアはずっと長いんですけどねー(笑)
    そっちのプロになることは、とうの昔に諦めています。下手の横好き、ってやつです。

  3. ナントカ・アップルズの活動も続いてるんですか?
    年内、何度か宮崎に行く予定なんでみれればいいなあ!

  4. >オオイシスンさん
    あ、えーと、ナントカ・アップルズ。
    あー、The Rolling Applesのことですね。もちろん!
    今日、再始動、です(笑)

コメントを残す