Tag Archives: ホメオパシー

ホメオパシー日記8


 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000121-jij-soci

ホメオパシー、学術会議が否定=「根拠なく荒唐無稽」と談話

8月24日19時42分配信 時事通信

 日本学術会議は24日、最近広まっているとされる療法「ホメオパシー」について、「科学的に明確に否定されている。治療に使用することは厳に慎むべき行為」との金沢一郎会長(皇室医務主管)名の談話を発表した。
 ホメオパシーは、健康な人間に投与するとある症状を引き起こす物質を患者にごく少量投与することにより、似た症状の病気を治すという療法。植物や鉱物などを入れてかくはんした水を極めて薄く希釈、砂糖の玉に染み込ませて与えるなどする。
 国内では、医療関係者の間でも一部で使用が広がっているとされる。中には、頭蓋(ずがい)内出血防止に有効なビタミンK2シロップの代わりとしてホメオパシー治療を受けた乳児が死亡し、親と助産師の間で訴訟に発展したケースもある。
 談話は、ホメオパシーについて「科学的根拠がなく、荒唐無稽(むけい)。今のうちに排除しなければ、『自然に近い安全で有効な治療』という誤解が広がり、深刻な事態に陥ることが懸念される」としている。 
まあ、自然な反応、ではあろう。
正直なところ、レメディーを取り始めて1年ほどになるが、劇的な変化は感じられない。かといって悪化しているわけではなく、徐々にであるが好転しているのは事実。
しかし、それがホメオパシーによるものなのかは判断しかねる。
かといって、ホメオパシーの効果がないとは言えない。
まずなぜホメオパシーに頼る人が増えているのかという現実は、自分もそうだが現代の西洋医学偏重主義に疑問を持つ人が増えていることに他ならない。
現代の西洋医学は、ほとんどが対症療法である。
例えば、皮膚の疾患があればとりあえずその症状を抑える処方をするが、根本的な原因を究明することまではしない。
体と心の関係は古い時代から言われていることだが、西洋医学においてはようやく近年になってから考えられるようになって来た気配があるくらいだ。
つまり、それまでは「非科学的」で「非医学的」であったわけだ。
現在、ホメオパシーの効果が「科学的にも否定されている」ということは将来変わる可能性もある、ことも考慮する必要がある。
現代の科学で証明できない(そんなことは世の中にたくさんある)、ことで否定する、という態度は真に科学的な態度とは言えまい。
それを、権威を傘にして大上段に否定するのは、いかがなものだろう。
個人的には、ホメオパシーの基本的な考え方(毒物などの情報のみを取り出し投与することで、それに対する自己反応を引き出す)には、なるほどそういうこともあり得ると思える。
とはいえ、訴訟問題にもなっているように、ホメオパシーを過信することにも同じことが言える。
要は、それぞれ各人が必要な知識と知恵を持って、その時に応じた方法を用いるしかない、ということか。

ホメオパシー日記7


12日に、K先生のQXを受ける。

QX-SCIO:クォンタムゼイロイド意識インターフェイス

ホメオパシー理論を応用した、最新鋭のエネルギー測定・修正装置クォンタム(Quantum)の意味は量子です。ゼイロイド(Xrroid)は開発者の造語で、生体のイオン反応スピードに相応した高速測定システムに対し命名した名前です。(具体的には12のチャンネルにおいて、1/100秒の変化を1/1000秒単位で測定し解析します。)Consciousnessは意識、Interfaceは相互接続を意味します。すなわち、3進法プログラムにより、人間の意識のより深部、潜在意識にコンピュータをリンクさせると同時に、9000以上の物質・ホメオパシーレメディー等の情報に対する微弱エネルギーの反応を高速で測定し、さらにエネルギーの流れを修正するために開発されたものです(電気抵抗だけを測定する従来の波動機器とは全く異なり、QX-SCIOは3次元的な電気的反応をみる、これまでにないシステムとなっています。)QX-SCIOはホメオパシー療法の要である適切なレメディーの選択もサポートします。

 

生年月日より、中国占星術による性格診断も出来るらしい。
頭部、手首、足首になにやら電極のあるらしいバンドを装着。
前もって調査票を提出し、それに基づいていろいろな質問を受ける。

先生はパソコンの画面を眺めながら、現在の状態を精神面/体調面共に指摘される。
なるほど。確かに、大枠では当たっていると思う。
全てではないが。
例えば、虫歯があるような解析が出ているらしいが、現在虫歯は無い。
二十歳の頃に、奥歯の一本を治療したっきりで、ここ最近は3年おきくらいで歯石を取るけど、その時も何の異常も言われたことはない。
ただ、何せ20年前の治療であり、詰め物の材質は不明だ。
ものの本に拠ると、口中の金属物質がいろいろと悪影響があることがあるらしい。
ちなみに治療したのは、岡山大学歯学部病院。

特に指摘されたのは、これまでに受けた麻酔の影響。
母の胎内にいる時に、母が虫垂炎の手術をしており、その時の局所麻酔。
小学校の時の中耳炎に手術の際の、全身麻酔。
7年前の指のけがの時の手術の、全身麻酔。
これらの毒出しを勧められる。

エネルギーは十分にあるのだけど、それが出し切れていない状態らしい。
精神的なストレス、というのも自己診断と一致。
精神の解放が必要、と。

23日、新しく処方されたレメディーが届く。

<メイン>
φサポートCho
+Lac-f(ラックフェレン猫の乳)
+pall 200c(パラジウム)
+pall 10M
+Ana-c-HD(麻酔の毒出しレメディミックス)

<朝>
月曜
起きた時psor 10M×1(プソリヌム、ソリヌム、ソライナム、疥癬、ダニ )
朝食前 Mag-p12x ×1

<夜>
金曜
寝る前 Med-a/Syph 10M×1
食前 Nat-p 12x ×1

これまで取っていた「かんじん秘蔵セット」は継続し、「ミネラルセット」は疲れた時や元気が無い時に摂ることにする。


ホメオパシー日記6


先月の20日より摂取しているので、もうひと月と8日経過。

実はここ一週間、少々悪化?ぶり返し傾向あり。

前回も草刈りをした後に悪くなったので、それもあるかな?
草刈りはこれからの季節、止めるわけにはいかないからなあ。
悪化と言ってもこれまでに比べれば全然大丈夫だけど。
以前はちょっと良くなったと思って油断していると、再び全身に広がっていた。
しかし、今回はちょっと範囲が広くなった程度。

先週から韓国式のフットセラピーなるものを2回ほど受ける。
これが、実に痛い。
ハンパなく、痛い。

それと、一日40分以上の歩行を始めようと思い、昨日遊びに来ている甥っ子を連れて小一時間ほど散歩に出かける。

現在摂っている「かんじん秘蔵セット」「ミネラルセット」は3ヶ月ということなので、もう少し様子を見よう。


ホメオパシー日記5


昨日でラストックス終了。

  Rhus-tox.ラストックス

筋肉の凝りや強ばり・蕁麻疹やヘルペス

精神:責任感が強く、何事も一生懸命で、やらねばならないことが出来なくなることを心配するタイプ。感情を抑える傾向が強く、体も心もリラックスさせることが苦手な人に向く。

身体:捻挫や筋違い、肩こりなどに有効。特徴的なのは、動き始めが痛み、動き続けることで痛みが和らぐこと。また常に体を伸ばしたい、動かしたい欲求があり、落ち着きがない。寝違え・むち打ち・重いものを持ち上げたことによる腰痛や背部痛の他、皮膚疾患であるかぶれ・アトピー・蕁麻疹・ヘルペスや麻疹・水ぼうそう・インフルエンザなど幅広く使える。

悪化:最初の動作・冷たい湿気・寒冷・休息・夜
好転:連続した動作・姿勢を変える・温かい飲み物

まさしく、2、3日前から好転反応が始まる。かゆみ強し。掻くと汁も出る。きつくはないが、少々腐ったようなにおいあり。
とはいえ、ピーク時に比べたら全然大したことはないが。

ここ10年ほど、ろくろを始めてから腰痛との戦いだったが、決まって梅雨と冬の入り鼻に悪化していた。
なるほど。
下半身浴とヨーガでかなり手足の冷えも改善されて来ているし、子供の頃以来(笑)今年の冬は薄着で過ごせた(半袖までは行かないが)。就寝時もほとんど毛布2枚のみ(冷え込みの強い日、数日だけ掛け布団。後はタオルケットくらい)。


ホメオパシー日記4


今日で19日目。昨日の昼から「かんじん秘蔵セット」を摂り始める。

3、4日前から尿のにおいがきつくなって来たようだ。
本格的なデトックスの始まりか?

ホメオパシーとは関係ないが、先週から宮崎市内のお茶の稽古に自転車で通い始める。
片道1時間ほど、サイクリングロードは信号なし、車の心配なし、景色良し、2回ほど往復したが、心配していた左膝の痛みもひどくはならず、おおむね気持ちよい。
体重も労せず1キロ以上減。
こんなにいいことがあろうか。

とはいえ、右膝の痛みが出て来たような兆しもあるので、調子に乗らずにいこう。


ホメオパシー日記3


今朝起きて気づくこと。

背中の筋肉のこわばり(ひどいときはバキバキと音がしそうなくらい痛かった)がなくなっている。
レメディーが効いて来たのか、はじめて半年くらいになる経絡ヨーガが効果を現し始めたのか。
ここ数年、よく眠れない状態が続いた。
寝付けなかったり、2時くらいに目が覚めて4時まで眠れなかったり、朝起きようとしても立ち上がれなかったり。眠るたびに疲れていた。
それがここ1週間、よく眠れている。
 

しかし、今朝はなぜか右足の甲が痛い。歩くときに体重がかかると痛む。
原因は全くの不明。

蹴ろくろをするとき、右足は主に引っ張る方向に、左足は前に蹴りだす方向に使う。
つまり、右足は足先から足の指の力を主に使い体に寄せる運動、左足は足裏全体を使って体から離す運動となる。

左膝、右足甲に痛みがくるのは、これが原因?
鍛える必要あり。

ちなみに両足の親指の根元の骨は疲労骨折済み。

とにかく、肩から肩甲骨周り、股関節の筋肉は年々固くなる。
ここを良くほぐして、リンパの巡りを良くすること。
経絡を通して、体液の循環をスムーズにし過度のストレスを溜め込まない。
自律神経のバランスを維持する事に務める。


ホメオパシー日記2


ホメオパシー服用はじめて1週間。

正直なところ、劇的な変化はない。
しかし、皮膚疾患部位は少しずつではあるが改善の兆しあり。
左膝(内側、外側の筋の痛み。長時間正座して立つとき、階段の上り下り、自転車での登坂で痛む。時間が経てば痛みは治まる。マッサージはかなり痛い。),右手首の痛みも気持ち(?)改善しているような。

晩酌が悪影響か。
コーヒーは控えているのだけど。


ホメオパシー日記1


このところ、小康状態が続く体調もあと少し、かな?
そこで本格的にホメオパシーを導入し、その経過を日記に付ける事にする。

先日17日、ジールでホメオパシー講座に参加。「すりこみ油 木の花の咲くや」購入。
帰宅後、前日からびっこを引いていた左膝にオイルを塗る。
階段は這って登っていたのに、塗った数分後には駆け足で登れるようになる。びっくり。

翌日「天粧はなこ(熊本)」に、「ラストックス」「ミネラルセット」「かんじん秘蔵セット」注文。20日届く。

今日24日。
朝、寝る前にラストックス、各食前にミネラルセット、まだ治りきっていないじんましん?患部にすりこみ油。

皮膚は少しずつではあるが、改善の兆しあり。
左膝の痛みも軽くなっている。

レメディーの効果は、まだはっきりしない。
下痢気味の軟便、軽い腹痛が数日続いている。好転反応か?