Tag Archives: 丸山気功研究所

気功を受ける2


先日、またまた丸山気功研究所にお邪魔してきた。
今回は、丸山先生直々の施術を受けた。

正座に座らされると、先生が背中をなでる様に探って行く。
「ここだ、ここだ」と右肩甲骨の当たりでつぶやかれる。

いつも痛みを感じるところだ。

もちろん、事前にそこが痛みます、ということは伝えていない。

施術は1時間ほど。
先生が右足の小指に触れられると「痛いよ、痛いよ」とつぶやかれる。

実は半年前から、歩くと小指の裏の骨が床に当たり、痛くてタコができるほどだった。
来月は延岡に行くから、行きつけの接骨院の先生に見てもらおうかな、と考えていた矢先だった。

突然痛くなり始めたので、原因は分からない。
股関節のねじれから、足先も微妙に歪んで当たりだしたのかなあ?と思っていた。
まさか、気功でどうにかしてもらおうとは夢にも考えていなかった。

小指の施術中、確かに錐で刺すような痛みが走る。
「よし!」という先生の小さな声で施術が終わる。

正直なところ、前回ほどの体の変化があったようには感じなかったのだが、驚くべきことにくだんの右足小指が床に当たらなくなっていた。

なぜ?
体の“気”の流れを整えることで、体幹の歪みがとれている、としか考えられない。
ハタヨーガでは、アーサナによって体の歪みを矯正し、プラーナの流れをスムーズにすることを目指す。
その逆、ということか。

うーむ。


気功を受ける


昨日、宮崎市内の丸山気功研究会を訪ねた。
予てより、Kさんの紹介で「効くから!」ということでどんなもんだろ?と興味津々だった。

噂では、丸山先生の施術を受けるために飛行機でわざわざ宮崎まで来られる方もいるとのこと。

気功を受けるのは、初めて。
全く未知の世界だ。

伺ったのは、日も落ちた18時前。
あいにく(?)丸山先生は出張、とのことで娘さんの海老原さんの施術を受ける。

受けている最中は、正直よく分からなかった。
なんだか、体中の力が抜けて行く感じ、と言った方がいいか。
ところが、それがいい、のだそうだ。
「20年間術をしているが、男性で初めてでこれだけ通るのは(海老原さん曰く)初めての経験」とおっしゃられていた。

本人は、よく分かっていない。

しかし、帰る時の足取りはなんだか軽やか。

その晩、「好転反応が来るかも」と言われていたのである程度覚悟していたが、やはりかゆみが増す(とはいえ、これまで散々浄化してきたので、程度は知れていたが)。
寝付けず。

が、

いつもの何か神経がてんぱった感じの寝付けなさ、ではなく、さわやかさ(?)も伴うもの。
睡眠時間は3、4時間だが朝5時過ぎに目が覚める。

久しぶりだ。
こんなに気持ちの良い目覚めは。

気功の効果か。