脳死再論2


“脳死”女性が5年ぶり覚醒、犯人像を供述 2009年11月24日 15:55
韓国で、何者かに首を絞められて脳死と診断された女性(34)が5年ぶりに覚醒(かくせい)して犯人について証言し、容疑者が起訴された。
この事件は04年7月、韓国南部・光陽で、女性が自宅アパートで何者かに首を絞められて脳死と診断されたもの。韓国の検察当局によると、女性は最近、覚醒し、催眠療法による事情聴取に対して、犯人像を供述した。
検察は供述に基づいて女性の夫と交際していた43歳の女を取り調べ、殺人未遂の罪で起訴した。検察は女性に不倫の事実を知られて、殺害しようとしたとみているが、女はこれを否認している。
http://news24.jp/articles/2009/11/24/10148443.html


コメントを残す