エターナル・サンシャイン


エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション

「待ってくれ。とにかく、少しでいいから」

文字にしてしまうとなんだかよく分からない台詞が、黄金やダイアモンド以上の輝きを持つ、そんな映画です。


いい映画です。映画の魅力満載、と言って良いでしょう。

ラブストーリーとしてはどちらかと言うと軽め?乱暴に言ってしまえば痴話げんか(笑)

性格も価値観もかけ離れた、でも好きなことに理由なんて無い。普通の、どこにでもある恋愛話。

でも、その当たり前のことを「記憶を消す」というSFチックな手法を使うことで、感動が呼び起こされます。

いやな記憶を消したところで、過去が変わるはずもなく、心から愛している恋人を忘れることも出来ない。

ジム・キャリー演じるところの主人公は、恋人が自分に関する記憶を消してしまったことに悲しみ腹を立て、自分も彼女の思い出を消すことにします。しかし、記憶を消されて行く過程で、脳中で(潜在意識で?)思いとどまり、なんとかしようと努力します。

事の顛末は映画を見てのお楽しみですが、とにかく物語としてよく出来ています。アカデミー賞脚本賞ノミネートも伊達ではありません。

劇中で時間軸も前後しますが、その辺り、分かりにくくなりがちなところが、うまく進行され、また、「都合の悪い記憶を消す」という身勝手な欲求に対して、決してそんなにうまい話ではない、というサブストーリーもさりげなく織り込まれています。

演出もまた秀逸です。

主人公の頭の中のシーンが大半を占めるので、そこはファンタジーと言っても良いような場面が沢山出てきますが、それぞれ趣向を凝らして、美しいものにしてあります。

まあなんといっても、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの演技に引きつけられます。素晴らしい!

でも一番びっくりなのは、イライジャ・ウッドが普通の大きさ(笑)なことだったりして(^^ゞ

公式ホームページ


3 thoughts on “エターナル・サンシャイン”

  1. う~ん こら観なあかんな
    映画観る時間へってるんす、、、
    最近では劇場に「チャーリーとチョコレート工場」行った。ばかうけ!
     しかしDエルフマンのいっちゃんいい仕事だな、きっと。 のって書いてる
    わたすもがんばるさあ

  2. >賢作さん
    「チャーリー」いいですよね!音楽、遊び過ぎ!(笑)
    「エターナル・サンシャイン」のサントラも良いですよ~。淡々としているのが、冬の情景や切ない感じにぴったりです。ラストのBeck(ジェフ、じゃありませんが)の歌声が沁みてきます。

  3. 『エターナル・サンシャイン』☆今年2本目☆

    『エターナル・サンシャイン』(今年2本目)公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イ

コメントを残す