09谷川賢作宮崎上陸10周年ツアー


あの谷川賢作さんが宮崎に来られてなんと10年目、だそうだ(実際には以前にも来宮があるらしい)。
うちのお隣さん、綾賢治の学校でのライブは最初のソロを除いてパリャーソでは全て鑑賞。
前々回の綾公演では、当時の商工会青年部長として主催者として関わらせていただきました。
奇しくも僕が独立したのもちょうど10年前。時を同じくして賢作さんも宮崎と深く関わる事になったようです。

さて今回は南九州ツアーではお馴染みとなった続木力さんと山村誠一さんは不参加で(このお二人目当てのファンも多いのですが)、10年目の区切りという事でソロライブとなりました。
・・・の予定だったのですが、この人もぜひ宮崎に行きたい!とオランダ公演をキャンセルして(!)駆けつけていただきました。

さがゆき
いつものゆきちゃん台風も見参です(^^)

さて今回の初日12月2日、鹿児島市吉野の徳田宅にて。
お昼前にツアーマネージャーの絹川さんと綾を出立、鹿児島空港にお出迎えです。
一年ぶりの再会を喜びあって昼食。
15時に徳田さん宅に着くお約束だったので、先を急ぐものの絹川さんのパスツールとオイルの話が思いのほか盛り上がり(?)何と高速の降り口を見過ごしてしまうハプニング。
しかも、折り返した際も危うく通り過ぎそうになってしまいました(笑)なにやってんだか

さて、インターを降りてすぐのサンクス裏、という情報がメンバーに伝わらないままキヌ号は走り、またもや通り過ぎてしまい、一本道を引き返してようやく徳田宅に到着。
この後、もはやいじられキャラとなってしまった哀れな絹川さんが、ツアーを通じてこの二人のまな板の鯉になってしまったのでしたヽ( ゜ 3゜)ノ

09たにけんツアー1
リハの様子。

09たにけんツアー209たにけんツアー309たにけんツアー4
この日はスタートからエンジン全開。
いやあ、どこまで行ってしまうやら、特に「ヴェサメムーチョ」は秀逸な出来。どこに飛んで行ってしまうか危ぶまれた「鉄腕アトムジャズバージョン」も無事着地、僕の好きな「湖上」やはり中也の詩による「詩人は辛い」の張っちゃ気振り、そして圧巻のアンコール「パスツールとシークヮーサー」!なんじゃそりゃ!(笑)

初日からそのテンションで大丈夫なのか??!?!

とにかく楽しかったー!
09たにけんツアー5
“アトム”徳田さんとともに。
「第3部」と称した怒濤のカオスセッションに続き、鹿児島名酒「伊佐美」に酔いながら、僕も愛器Godin xTSAとYAMAHA JX30で参戦。
まあ、相変わらずのヘタレでさがさんに途中で投げ出されつつも(^^ゞ「Good bye poke pye hat」やらなにやら。

その日は遅くまでどんちゃん騒ぎをしたあと、山奥の秘湯に身を寄せたのでした。

3、4日は延岡、6日は僕の地元綾町、開業したばかりの「ビオスビレッジごうだ」にて。
09たにけんツアー9
20年ぶりに弾かれた白いピアノ。

09たにけんツアー709たにけんツアー8
当時は40名の予定だったのですが、蓋を開けてみれば60名超!熱気がムンムン!

僕は会場に入れず(笑)外で聴いて居たので(^^ゞ
こちらも打ち上げは夜中まで続きました。

ツアー最終日6日は、宮崎市内のプロショップ日高にて。
オープニングの賢作さんのソロピアノ3曲は、本当に素晴らしい演奏でした。静と動の、まさしくマリアージュといった趣き。高度にインプロヴァイズされた曲が聞き手のイマジネーションをかき立ててくれました。
続いてさがさんが登場するも、何やら不穏な空気が┌┤ ̄ ̄ ̄~~~ ̄ ̄ ̄├┘
前半は微妙な緊張感の中、進行しました。

気を取り直した後半、何がどうしたんだ!という展開に聴衆は唖然としたのです。

・・・何がなんだか分かりませんよね^_^;
とにかく、ツアーの最後を締めくくるにふさわしい演奏が繰り広げられたことは間違いありません(^^)
ブラボー!

宮崎最後の夜は、とある居酒屋で。
終わり良ければ全てよし。
これに尽きます。よね?賢作さん(^_-)


コメントを残す