オリックス・バッファローズ(だっけ?)


合併,だそうだ。

早速JMMでも取り上げられていた。社会の関心の高さが分かる。

経済の専門家は,軒並み賛成意見であった。

ま、そりゃそうだろう。経営から見れば,至極当然の結末だ。

読者投稿でも,今の日本のプロ野球機構は『最後に残された「旧日本の象徴」』という方がいたが,なるほど,そうだと思う。


ところで、最近の政治的な流れ(小泉さんの)は明らかに(これまで以上に)アメリカに迎合するものだが、プロ野球の世界でも,MLBが普通にテレビ放映される時代だ。

一ファンとして,単純に,MLBと日本シリーズの優勝チームとが試合をすると面白そうだなあ,と思う。

しかし例えば、合併が成立し,一リーグ制になったとして,考え過ぎかもしれないが,MLBのリーグに編入,とかの流れに(すぐにではないにしても)ならないだろうか。

これは、ちょっと違う意味を持ってくる。

やはり、Baseballと野球は別物である。もし,野球がBaseballになるようなことがあったら,少なくとも僕は,何らかの違和感を感じるだろう。

でも、個人的には,野球の応援より,Baseballの応援のやり方のほうが好きだけど。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください