どーですか。

グレ子からキューティーハニーへ〜92年製?グレコレスポール改


ヤフオクでゲットして以来、10年以上放置していたグレコレスポールを改造した。

img_6901
確か15,000円だっと思う。
正直、傷だらけ垢だらけ、ヘッドに打ちキズ、ペグは折れ曲がっているギターにしては、安くなかったと思う。
現に一度リペアショップに持ち込んで見たものの、よくこんなのに金出したね〜みたいな態度で凹んだ。
かといって使えない訳でもなく、音も悪くはない。虎目も(張子だろうけど)綺麗に見える。
傷だらけと言っても致命的なものはなく、ペグも一応効いている。一応。
素性を調べても、よく分からない。ヘッドに「Rock Spirits」とあること、ヘッド裏のシリアルナンバー、ネックはボルト一本締め(内側から2本)から92年製の定価で5万程度のモデルと推測される。

しかしテンションが上がらないことに変わりはなく、いつか金と時間に余裕がある時にいじってみよう、とぽつねんと考えていた。時々存在すら忘れつつ。

ところがなぜか、金も時間にも余裕がない今になって気になって仕方がない。
と言うのも、数年ぶりに音を出してみて改めて「意外といいじゃん!」と目覚めてしまったからだ。
しょうがない。

とりあえずは、ひん曲がったペグだ。チューニングが不安定なこと、このうえない。
後は、ジャックだな。安価で、劇的な効果が期待できる。
どうせなら、割れているエスカッションも交換しよう。
これなら5000円もかからないだろう。

まずは手っ取り早いジャックの交換に取り掛かる。

スイッチクラフト製。
本当はクライオ処理したヤツを買ったつもりだったのだけど、間違ってノーマルなもの。
それでもレンジの広がった、パリッとした音になった。うむうむ。

img_6906
上が新しいヤツ。下がオリジナル。
img_6904
ピッカピカ。スイッチクラフト製。

次はペグの交換。
グレコのヘッドは少し厚めなので、弦巻き部分(ポスト)が長めのものを選択。
現状、これ一択。キクタニのGM-WC2。
(サウンドハウスで購入したのだけど、なぜか取引中止になってる)

実際取り付けようとすると、ブッシュがやや大きめ。
というわけで、リーマーを買ってきて広げてやる。
余計な出費。まあ、いずれ使うこともあろう。

無事取り付け終了。
オリジナルのペグのツマミがマーブル調だったのに対し、これは暗い緑色で、落ち着いた雰囲気。悪くない。
見てくれだけでなく、チューニングがすこぶるよろしい。
想定外の効果に、倍音が2割り増しぐらいになった!う〜ん!ステキ!サスティンも伸びたようだ。

続いて、エスカッションの交換へ。
ところがサウンドハウスで物色していたら、何とアマゾンで恐ろしいものを発見。

なんなんだ、この値段は!評価も悪くないし。
というわけで、エスカッション付きのこのピックアップを購入。
色が変わってしまうが、そんなことは気にしない。

オリジナルのフロント側の位置が、弦からずれていたのでこの機会に修正する。
木ネジの位置を変更工事。パテで埋めてやった後に、位置を修正し空け直す。存外難しく、2回のやり直し。結構手間を食ってしまった。
このためにドリルドライバーまで購入しちまった。まあ、使う機会もあるだろう。

で、交換した結果。

新旧そろい踏み。
新旧そろい踏み。
オリジナルの裏側には記載なし。
オリジナルの裏側には記載なし。

うーむ。オリジナルのピックアップはよく歪んで、そこそこサスティンもあって、ロックゥゥ!な感じでよろしかったんだが(悪く言えば潰れた感じ)、こちらはハイもローもパリッと出て、歪みは少なめだがパワーもサスティンもある。
何だかハイソな感じで、いい。
例えるならば、シールドはカナレしか使ったことなかった高校生が初めて奮発してバイタルオーディオに変えた時みたいな。
ALBITのA3GPを使っている人ならわかると思うけど、cleanを歪みに足していって歪んでいる中にしっかりした芯がある、みたいな。
クリーンなジャズはもちろん、オールドスタイルのロックなんかには、いい。カッティングもイケる。
スティーブ・ルカサーではなく、初期のサンタナとか。そんな感じ。
現在手元にある他の3本(Godin、アリアプロ、Peerless)どれとも違う、実に個性的な音。
やばい!

勢い余って、ピックガードとストラップまで新調してしまった。

どーですか。
どーですか。

見た目も音も、ガラッと変わってしまった。

もともと弦高も低く、弾きやすかった。
この頃のグレコは想像するに生産も韓国に移るかどうかくらいのころではないのか?
made in KOREAは決して悪くない。
手元にあるAria Pro 2 RSも韓国で作られたものだが、日本製と遜色なく、丁寧に作られている。
ボルトオンネックもマニアにはセットネックに劣る、と言われ中古市場でも値段が違うが、何がどう悪いのか、自分には分からない。
昔持っていたアリアプロのPEはセットネックだったが、サスティンは良くなかったし。
70年代のグレコのレスポールは実はなんちゃってセミホローだから、やっぱりギブソンより劣る、ということが実しやかに言われているが、実はギブソンも80年代のものはセミホローだった?!らしい
ギブソンがグレコをパクったわけだ。
ところでこのグレコ、80年代のギブソンスタンダードと比べると(自前ではないが借りた時の記憶から)重い気がする。どうやら肉抜き加工はしていないようだ。

ネックは太め。
太いネックは嫌いではない。
メインのギターであるGodin xtsaは極太ネックである。
そこまではないしろ、十分に太い。
個人的には、ボディの重量とネックの太さがエレキギターの音色に大きく影響していると考えている。
もちろん弾きやすさとのバランスをとった上で、だが。

かといって、軽いギターにはそれなりの味があると言うものだ。

こうして傷だらけのグレ子は、キューティーハニーとして生まれ変わったのであった。
めでたしめでたし。

次いでに足元の具合も記しておく。

img_6912

ギターからIbanez VL10→Behringer HB01からALBITのA/Bセレクタへ。
AはDonner Morpher→Providence SOV-1→ALBIT A3GP→(send)→Behringer RV600→(return)→Source Audio SA225 Dimension Reverb

BはGuyatone EX2→ZOOM G2nu(飛び道具専用)

電源はノアズアークAC/DC-1

アンプはFirstman Little DAVID FD-60の「main input(おそらくパワーアンプイン)」へ。

シールドはバイタルオーディオを中心に、ジョージエルス、ベルデンなど中古品。趣味には十分。


IMG_6645

今日の1枚#15「ポケット・ミュージック/山下達郎」


wikipedia

1986年4月の発売だから、僕が高校3年の時。
当時の同級生(バスケ部で、オサレな彼)からこのアルバムとジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を借りた。
どちらかといえばジェネシスの方に興味があったのだが、友人宅でレコードを聴かせてもらった時に、当時はあんまり興味のなかった山下達郎に惹かれた。

ところで最近、再びアナログLPをヤフオクで漁り始めた。
レコード時代の録音ものは、CDで聴くよりも断然LPのほうがいい。
きちんと手入れしてやれば、よっぽどの傷や聞き込みすぎて磨り減っていなければ、ノイズもかなり軽減できる。
なにより、当時のジャケットを含めてトータルで作品として堪能できる。

そんな中、ふとこのアルバムが気になって、手に入れた。

IMG_6645

僕らの世代なら、たとえファンでなくとも「達郎節」が分かる。
それくらい売れていた。
しかし、山下達郎がすごいのは単に売れる”ために”ポップミュージックを作っていたからではないと思う。
自分が好きなものを作り続けただけ。結果的に売れた、という気がする。
初めて聴いた時には知る由もなかった、当時のアナログからデジタルへの過渡期での彼の苦労はwikipediaに詳しい。
確かに、当時のデジタルシンセサイザーの音はペラペラで、好きではなかったし、言われてみて改めてレコードを聞いてみると、確かにその苦労の一端も感じられる。

言うまでもなく秀曲ぞろいなのだが、中でも「THE WAR SONG」は30年ぶりに聴くというのに、そらで歌えた。当時は結局レコードを自分で買わなかったにも関わらず。
それくらい、この曲は好きだったのだろう。すっかり忘れていた。
ライブアルバムにも収録されているらしいので、彼自身もお気に入りの1曲なのだろう。
はっきり言って、この歌は政治的な歌だ。
歌詞は決して軽いものではない。しかし、それをポップソングにすることによって、不思議なことに感動的なものにしている。
山下達郎、恐るべし。

“J-Popの帝王”山下達郎がこんな素晴らしい歌を世に問うたのは、ちょうど30年前。
世に達郎ファンは多かれど、いったい我々はどれだけこの彼の思いを受け取ったのだろう。

ジャケットもまた素晴らしい。
見開きダブルジャケットは、CDで初めてこのアルバムを知り、好きになった人たちには、是非手にとってこの世界を味わってほしい。
ジャケットのためだけに、LPを買っても惜しくないと思う。安く買える場合もあるし。

ところでくだんの友人から借りたもう一枚、ジェネシスはと言うと、当時世界的にバカ売れたしたモンスターアルバム。
これがまた、今聴いてもピンとこないんですよね〜当時も印象薄かったけど。
ジェネシスの、と思わなければまあまあ、かなとは思うものの(^^ゞ
困ったもんです。

僕の中では、80年代はジェネシスより山下達郎がプログレ。


Mac備忘録:iWork’09を最新版にアップグレードする方法


https://mbdb.jp/software/mac-apps/iwork09-update.html

パッケージ版で購入したiWorkがAppStore経由でアップグレードできなかったのだが、こんな方法があったなんて。
簡単にいえば、「日本語環境から英語環境に変えてから(要再起動)AppStoreからアップグレードをかける」ということ。
実際には、アップグレードではなく新しくインストールされる。(既存のiWork’09フォルダは維持される)

Pages4.3→5.6.2
Numbers2.3→3.6.2
Keynote5.3→6.6.2

かなりインターフェイスが変わっており、使いやすくなってる?気がする。
全て新規に購入するとなると8000円近くの出費になるので助かった。

それにしても、Appleさん、この仕様はどうよ?おそらく、新しくお金払った方も少なくないはず。

よし、もう少し様子を見てから、El Captanに行こうかな。


gantan15_01_0117

吉良知彦よ 永遠に


今朝、にわかに信じがたい訃報に触れた。
ZABADAKの吉良知彦氏が亡くなられた。享年56歳。

ZABADAKを知ってから、もう30年近くになろうか。初めて故郷を出て、岡山で学生時代を過ごしたあの頃。
「遠い音楽」「桜」「私は羊」何度聞き返したことだろう。
あまりにもカタログが多すぎて、全てを追いきれないのだが、それでも10数枚のアルバムが手元にある。

初めて聞いた「遠い音楽」は、そのアイリッシュな香りが当時よく聴いていたトラッド系のプログレとまったく違和感なく、すぐにはまってしまった。
というより、日本にこんな音楽を作る人たちがいるなんて!と驚いた。
なかでもラスト「harvest rain(豊穣の雨)」は、ナウシカ的世界を彷彿させる名曲。

続く「桜」には、宮崎の民謡「椎葉の春節」を収録。浅からぬ縁を勝手に感じてしまった。
オープニングの「五つの橋」の異国情緒、「百年の満月」の切なさ。青春の一コマ一コマが、リンクしている。

「私は羊」では、なんといっても「小さい宇宙」。

その後、しばらくZABADAKから離れていた時期があったのだが(嫌いなったわけではなかった)、宮崎へ帰って陶芸を志そうとしていた時にブックオフで「Decade」を発見。

それから時々アルバムを買い足すようになる。
「Life」はファンの中ではあんまり評価されていないようだけど、修業時代によく聴いた一枚。大好き。
「永遠のレモン」「僕の贈り物」「この空で会えるよう」「Life」などZABADAK流プログレ節満載のいいアルバムだ。

「永遠のレモン」
僕はレモンの中に 青空を閉じ込めて
高く投げる 夏の窓ガラスを割る

きっと 君はまわる 虹の瞳を
鏡のように 輝かせて 遊び続ける
カケラになって 音をたてる 蒼いガラスを
踏まないように 出ておいで

“のれん分け”後の、上野洋子なきZABADAKの不安を払拭させてくれた。吉良さんのボーカルも、いい。
それにしても本当にこの人、ギターが上手い。

それを再認識させられた「Trio」。
上野洋子時代の曲をアコースティックトリオでセルフカバー。これまたよろしい。

吉良知彦名義の「賢治の幻燈」は、宮沢賢治へのオマージュにあふれた傑作。
この人のギターは、音色、ヴォイシングにブライアン・メイからの影響が大きい。

「Something in the air」
このアルバムは宮崎で独立して間も無くの頃、よく聴いた。
新しい道へ一歩踏み出した高揚感と、心の底に隠しきれない将来の不安。
そんな心境にこの歌がはまった。

「鍵穴と迷路」
朝へ続かない夜
ほどけないままの夢
一人きりの影
迷い込む迷路の中で

信じたものさえわからない
何にも見えない
泣いてることさえ気付かないなんて
どこか違う みんな知っているさ
迷うため生きてる

「Ikon」は鈴木光司「楽園」を元にしたコンセプト・アルバム。

ひと組の男女が、長い生々流転を経て結ばれるというファンタジー。
個人的には、かつて付き合っていた女性からもらった、一冊。甘酸っぱい、というよりほろ苦い、思い出。
(小説のコンセプト自体は面白いとは思うけど、氏のデビュー作?らしく詰めの甘さなんかもあったり)
そんな小説をZABADAKが取り上げるなんて。

「Signal」はZABADAKがハードロックに!というと大げさだけど、「Play your days」「Tin town」ではギターが唸っている。
「にじ・そら・ほし・せかい」はNHK「おかあさんといっしょ」で使われた曲のセルフカバー。
(NHKといえば、アニメ十二国記のエンディング有坂美香月迷風影」も吉良らしい佳曲)

ZABADAK本体だけでなく、上野洋子さん関連作も何枚かもっているが、結局、吉良知彦ファンなんだなあ。
キャメルではピーター・バーデンスではなくアンディ・ラティマー、みたいな。(分かる人には分かる)

あー、書いたら、ちょっと落ち着いた。
でも、やっぱり泣けてくる・・・・

吉良さん、ありがとう。
ゆっくりお休みください。

Yahoo!ニュースにも


Mac備忘録:iWork’09を9.3にアップデート


うちのメインマシンはMac mini(Late2009)であり、一緒に購入したiWork’09を使っている。
当初のOSは10.6(Snow Lepard)だが、その後10.10(Yosemite)にアップデート。iWorkも特に問題なく使えていた。

ところが先日OSをアップデート(10.10.5)したところ、なぜかNumbersが劇重に。特に日本語入力が使い物にならなくなった。

バージョンを確認すると2.1で、ググってみると最終バージョンは2.3らしい。
ところが店頭でのパッケージ購入であったためなのか(確かユーザ登録はしていた)、App Storeでアップデートできない。
更にググってみると、Appleのサポートコミュで記事を発見。
どうやら手動でのアップデートをしなければならないらしい。

iWork 9.3 アップデートについて

ダウンロード – iWork 9.3

アプデしたところ、症状も改善。
よかったよかった。しかし情報がわかりにくい。

(しかし、safariのアプデかける度にwordpressが挙動不審になるのも如何なものか。この件に限らず、レガシー遺産について冷たい態度を取る企業は如何なものか。Appleさん。)


扉をたたく人


 

久しぶりに、映画館でエンドロールまで余韻に浸ってみたいと思える映画に出会えた。

原題は「The Visitor」。
「扉を叩いて訪問する場面」が印象的に繰り返され、お世辞にも人付き合いがいいとは言えない主人公の存在において、邦題は秀悦である。

映画の冒頭、単なるくたびれた田舎オヤジの話か、思いきや、そのオヤジが未知の音楽と出会うことで青春を取り戻す話なの?と思いきや、ひょんなことから友情を交わすようになるシリア人とセネガル人のカップルを巻き込んだ現代アメリカが抱える移民問題がテーマなのか?、と思いきや、妻を亡くし仕事もその世間の評価とは裏腹に単調なシークエンスを繰り返すだけの孤独な老年を迎えたオヤジの新たな恋バナ?なの?

と書くと脈絡がないように感じるかもしれないが、それらの要素が見事に絡み合って物語を紡ぎだしていく様子はお見事。
全体のトーンも抑え気味であり、それがリアリティをうまく醸し出しており、好感を持てる。

絶対に映画館で見ることをお勧めする。


IMG_5199

ビルブラ、好きですねん


Bill Bruford
wikiはこちら

彼のドラムをはじめて聞いたのは、確か「Close To The Edge/YES」。なんじゃこりゃ〜!という世界。
名盤の名に恥じぬ、バンドの世界観、演奏、メロディどれも子供の狭い世界観を見事に破壊してくれた。

とりわけそのリズム。

YESは今でもフェバリットなバンドの一つだが、そのメンバーの中で唯一、いちミュージシャンとして追っかけているのがBillである。
彼はロックバンドでの活躍も多いが、本人曰く「ジャズが好き」。
その彼が80年代末から結成していたのがEarthworks。
これまたヘンテコなメロディとリズムが「なぜか心地よい」。

メンバーであった当時“新人”ジャンゴ・ベイツイアン・バラミーは今や押しも押されぬ一流ミュージシャン。
同時期、渡辺香津美のスパイス・オブ・ライフにジェフ・バーリンと共に参加。

そのジェフ・バーリンに加え、デイブ・スチュワートアラン・ホールズワースと組んでいたのがBruford。
かっちょええっす。


IMG_5665

秘密兵器〜Cross Blaster


梅雨明けに予定している、チビート・トラバース後半(内大臣林道〜椎矢峠)に向け、秘密兵器を導入した。

IMG_5665 IMG_5666

 

九州最長を誇る林道、内大臣林道、椎葉林道。ダートを含む約40㎞区間。
そしてその頂点である、椎矢峠、標高1434m。

度々崩落、落石をくり返し、ツーリストの間では文字通り“伝説の”と言われるコースである。
その踏破に向け、後輪をパナレーサー/クロスブラスター700c×31cを導入した。

どーですか。。この、心強いばかりのブロックパターン。
走ってみないと分かんないけど。

正直、パナレーサーのチューブは絶対使わない。
ただ、普段はツーキニスト700×25cを後輪に使っていて、こちらは耐久性、乗り心地、なかなかよろしい。

いやー、今からわくわくだ。
(願わくば、この長梅雨でまたまた全面通行止めになってないよーに!)


スウィングジプシー、ロックをカバーする。SUGARPIE AND THE CANDYMEN


土曜日の朝。
ピーター・バラカンに続きゴンチチのラジオを聴いていると、なにやら楽しげなリズムが。
ビッグバンドジャズ?いや、ジプシージャズか。
と思っていると、なんとDeep PurpleのHighway Starではないか。
おもろい!

ヨウツベで探してみたけど、こっちが見つかった。

これまた面白い。言わずと知れた(?なのかな?若い人たちには通じないかも)Queenの名曲もこんなになっちゃった。

Zeppもあり。

しかし、Highway Starのぶっ飛び過ぎが頭から離れない〜(^_-)


↓