帰ってきた白雁 Snow Goose: Re-Recorded Edition/CAMEL



CAMELのAndrew Latimerが、闘病生活から復活した。

彼が骨髄繊維症という難病であることが発表されたのは2007年のこと。92年より発症していたらしい。
そして骨髄移植を受けたそうだ。

2003年より実質活動停止状態にあったCAMELだが、最後に発表されたツアーDVDのタイトルは「The Opening Farewell」。ツアー自体もFarewellを謳っており、Andy自身も、最後を覚悟していたのだろう。
​30年来のファンとしては、もう彼の曲も、ギターも聴けないのかと、寂しく思うしかなかった。

今年8月に、CAMELの存在を教えていただいた恩師に久しぶりに会いに伺い、CAMEL談義に花を咲かせ、Andyの状態を心配しながら二人で復活を願っていた。

そうした折、CAMELが活動を再開、ツアーも行い、なんと「Snow Goose」を自らリメイクする、というニュースが飛び込んできた。

Facebookでツアー写真が公開され、CD発売のアナウンスもあり、楽しみにしていた。

CAMELは僕のフェバリットバンドだが、彼らの代表作に挙げられる「Snow Goose」は、実は僕の中ではさほど評価は高くなかった。
決して嫌いな訳ではないが、他に好きなアルバムがあるだけのことなんだけど。意外と、ランクリストでは下の方だったり。実のところ、あんまり聞き込んでいるとは言い難い。

しかし、このリレコーディング、実に素晴らしい。
オリジナルのオーケストラパートはキーボードに置き換えられ(とはいっても最初は本物のオーケストラが入っているのかと思った)、アレンジも大きな変更はないものの、確かに「今の」CAMELの音だ。

思うに、Andyは病床にあって、一度は死を覚悟しただろう、そしてこの名盤を1975年に共に作り上げ、2002年に癌で亡くなったPeter Bardens(このアルバムは彼に捧げられている)に思いを馳せたのだろう。そして、このアレンジを練っていったのではないか?と思わせる。

そうか、だから「Snow Goose」だったんだ。

なにより、音楽が出来る喜びに溢れている。それだけではない。何か悟りにも似たような、元々静かな泣きのフレーズを得意とするギタリストだけど、さらに透明感が増したような、ギターが歌っている。
一昨日、僕の手元に届いてから、既に何度聴いただろう。

残念なのは、先述の恩師が9月に急逝されたことだ。
T先生、Andyはまた素晴らしい音楽を届けてくれましたよ。

 

このアルバムはポール・ギャリコの小説を基に作られている。
こちらもお薦め。
CAMELをバックに物語を読めば、涙腺が緩みっぱなしになることは請け合います。

と、この年の瀬に、大滝詠一さんの訃報が飛び込んできた。
心より、ご冥福をお祈りいたします。
さらば、シベリア鉄道・・・


コメントを残す