猫またぎ


「猫またぎ」この言葉を聞いて驚いた。

何のことかと言うと、藤原新也さんのブログ2月4日の記事「毒を食わされても仕方がないよな日本人。」である。

いやはや。

「中国餃子事件」、こんなことがなければ目が覚めない日本人、と言われても仕方ないだろう。

日本を占領するのに、テポドンは要らない。

海上封鎖すればいいだけの話である。

食料もエネルギーも、なにもなくなる。

小学生にも分かることである。

実際、僕が小学生の時分、もう30年近くも前になるが、当時でさえ小学校の授業で日本の自給率は3割ほど、石油に至ってはほぼ100%輸入と教わった。

それが未だに変わっていない。

政治家は、わざとこの問題に対して何の手だても打って来なかったのだろう。

だけでなく、島国ということを無視して、グローバリゼーションは素晴らしい、市場原理に全て任せるべきだという論法が大政を占めている。

市場原理が悪いわけではない。

ただ、それが全てにおいて当てはまる訳ではない。

自衛隊を軍隊にすることよりも、憲法改正よりもよっぽど急務の事柄ではないだろうか。


4 thoughts on “猫またぎ”

  1. いやはや、としか言い様がありませんね。
    「半農半X」というキーワードに心ひかれる今日この頃。

  2. ホント、日本に打撃を食らわすなんて他国にとっては簡易なことです。
    この国は、自国民に対してはすげぇ管理体制だけど、管理側内部には甘い…って事は、管理側内部に直接何らかの『紐』で繋がってさえいれば、他国に対して日本の管理体制は世界一甘いと思います。
    BSEであれだけ大騒ぎした民主党が、今回の場合何も言わない…。
    それで学校給食の鍋に乾燥剤が残ってたからって大騒ぎ…。
    もう、笑っちゃいます。

  3. >盆造(´ー`)y━・~~~さん
    管理体制もですが、アメリカに「こうするように」と言われて自国の利益でなくアメリカのために動く行政って、一体なんなんでしょうねえ?
    そろそろ我々一般市民も、智恵をつかなければ行けない時期に来てるのではないですかね?

コメントを残す