じーさん


現在使っているマシンは、20世紀に購入したもの。

Power Macintosh G3/350/ZIPである。

悪名高き“KAG1”。

しかも、すでにZIPを使わなくなって、久しい。メディア高過ぎだもんね。

というより、購入直後から使ってないよな。

これに、PowerDomain2930SCSIカード、内蔵モデム、ATAカードを増設。

メモリを512MBまで増設。この間12GHDが昇天。Seagate20Gに交換。

そしてCPUを400Hzにクロックアップ。

何が言いたいのか?


購入時、OSは8.6だった。

僕が初めてMacを触ったのはLCIIIだから、漢字talk7の時代である。窓は3.1だった。

それに比べれば、8.6でも十分過ぎた。PowerPCG3ではオーバースペックと言っても過言ではない。

それからOSがヴァージョンアップされるたびに、アップルに投資して来た。

さすがにJaguarは使わなかったが、Pantherに乗り換え。

正直、10.1の段階では、はっきり言ってうちのマシンでは使えなかったので、ほとんどの作業は9.2でしていたのだが、Pantherにしてからは、9.2で立ち上げることはないなあ。

スゴいよ。

軽い、とは言わないが、十分、普通に使える。

safariとmailでネットに繋ぎ、宛名職人とPhotoshopELとEPSONGT-9800F、PM-920Cで年賀状を作りながら、クラシックを立ち上げFileMaker5で帳簿を付け、iTunesと音ログコントローラで音楽聴いてても、落ちないし。

イラレ9はクラシックで使うけど、ちょっとした更新作業くらいなら、無問題。

iPod もね、いい。

窓に乗り換える気、全く無し。

というお話でした。


コメントを残す