The Way Up


ふと、孤独の固まりに押しつぶされそうになる。

無性に、海が見たくなった。


山越えの道で、油津へ来た。
 油津は、宮崎でも有数の漁港だ。漁港育ちの僕には、潮の香りがたまらない。

昨日、君が小さな花にキスするのを見ていた。

でも、すべての存在は死ぬために生きている。

だから僕は君に、重要なことは何もなく、君にできるのは立ち尽くして泣くことだけだ、と言うのさ。

君が聞く耳を持たない時、僕はなんて言っていいのか分からない。

でも、今こそ自分が見るものを見つめ直す時だ。

それがここにとどまる道だ。

「That’s The Way/Jimmy Page,Robert Plant」

No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded

No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded

Page & Plant

海沿いの道を、ひたすら南下する。
 次第に道は細くなり、所々、昨年の台風の傷跡がいまだ深く残っていた。

恋ヶ浦に出た。

海岸から立ち上がる、崖を巻く道から海をみると、どこまでも続く水平線がかすんで見えた。
 水平線と言えるのか、はっきりとは分からない。海と空の境目は、溶け合って混じり合っていた。

地球は丸い。
当たり前のことだが、地球は、丸い。

子供の頃、多分に人の目を気にする子だった。 

何でもない失敗を恐れていた。
しかし、かっこわるい自分を受け入れた時、開き直りと言おうか、自分の殻を一つ、脱ぎ捨てた気がした。

大人になって、人の評価にこだわらない、ということが諸刃の剣であることが、ようやく分かってきた気がする。

僕の場合サラリーマンと違って、人間関係というものはどうしても限られたものになる。
その少ない関係の中でも、やはり(いろんな意味で)ストレスは生じる。悩む数、量(?)は少ないのだろうけど、あることは間違いない。

他人から自分がどう見られているか。
客観的に把握することは、決して損ではない。

ケンソー

ケンソー

KENSO

「Nostalghia」の、オーボエの旋律が郷愁を誘う。
 KENSOには「氷島」という名曲があるが、「Nostalghia」も短いながらも味わい深い佳曲。

都井岬は、春駒の季節だろう。

階段にたどり着くと

私の幸運のシルバーボールを

持つ人々の姿があった

そして“受け止めて”と

私に投げつける

高く飛んではみたけど

まだ届かない

私の幸運はまた通り過ぎる

そして微笑みかける人々

「Silverball/Astrid North,Tex Super」訳Chiharu Hamu

スペースエイジ・ハネムーン

スペースエイジ・ハネムーン

カルチャード・パールズ

都井岬から串間へ入り、R220を日南へ戻る。

すべての経験は未来へ通ずる。

もっと高く。

もっと遠くへ。

ザ・ウェイ・アップ

The Way Up

Pat Metheny Group
高度な技術とセンス、ポピュラリティーを兼ね備えた孤高の音楽。


7 thoughts on “The Way Up”

  1.  菊地成孔氏の新刊で、ブルースとZEPの関連について知り、すこしだけ距離がちぢまりました。
     それにしてもともこーさん 幅広く聴いてるのですね
    すごいわ!

  2. >賢作さん
    いやいや、聴くだけなら誰でもできますから(^^ゞ
    創れる方には敵いませんよ~
    おお、菊池さんですかー、今をときめく東大の先生じゃありませんか~興味ありますね。読んでみようかな。
    ちなみにティポグラフィカ、宮崎でライブしたことあるんですよ。めちゃくちゃ楽しかったです!
    ZEPはやっぱいいっすね~
    「No Quarter」、巷の評価はいまいちですが、僕は好きですね。枯れてもZEP。

  3. KENSO懐かしいです!
    あれ・・・・?
    俺レコード持ってるはずなんだけど・・・・
    どこいったかなぁ~?

  4. >盆造(´ー`)y━・~~~さん
    やっぱり盆造(´ー`)y━・~~~さん的には「No Quarter」は・・・
    彼の代わりは誰もいませんからね。

  5. オーボエの旋律。。聞いてみたくなりました。
    今日のブログ、何かじっと見てしまいました。それと音楽の詩と。。
    いつもと違う表情を見たよう。

  6. 深い自己との対話ですね。
    確かに岡目八目な意見に頷く時もあるけれど、
    私は自分が思っている程、
    人は他人の事など気にしていないのではないかと
    思っています…。

  7. >なのはなさん
    オーボエの音って、なんだか優しい感じでいいですよね。
    まあ、人生、いろいろとありまさあ、ね(^^ゞ
    >ラルさん
    おっしゃる通り、みんな自分のことで精一杯なんですよね。
    ただ、人との関わりがある以上、その人がどのように僕を捉えているかで、自分との対応や距離が変わってきますから、そんな中で人を傷付けたり、傷付けられたりしています。
    ヨノナカムツカシイモノデス・・・

コメントを残す